カイテキオリゴの成分副作用について調べてみました

カイテキオリゴの成分、副作用

カイテキオリゴ全国売り上げ日本一を獲得。

現在薬局やインターネットショップなどで数多くの種類が販売されている
オリゴ糖商品。毎日のように新商品も発売されていますね

 

その中で最も売り上げが伸びている商品がカイテキオリゴです。

 

私自身も毎日のお通じに悩みを抱えていたのでカイテキオリゴを購入しようか調べたのですが、副作用についての記事が少なかったので自分で調べたものをまとめてみました。

 

カイテキオリゴを購入する前の参考として読んでみて下さい。

 

 

カイテキオリゴの副作用情報


カイテキオリゴの主成分 ラフィノースとは?

カイテキオリゴの成分化学式の図

 

カイテキオリゴの主成分には「ラフィノース」と言う成分が使われているようです。

 

ラフィノースとは
天然の野菜や食物に含まれているオリゴ糖。(主にビートてん菜から抽出される)
甘みは砂糖の約20%、カロリーは約50%で健康食品などに用いられる事も多い成分
人体に摂取した場合には大腸まで成分が届き、善玉菌として有名なビフィズス菌を増殖させる働きがある

 

 

ラフィーノースには
副作用はないのか調べてみた!

 

カイテキオリゴの成分がラフィノースと分かったところで、そのラフィノースの人体への副作用を調べてみました。
調べれば調べるほどわかったのが、カイテキオリゴの主成分ラフィノースは副作用が全く無いことです。
薬品などのように人間が何かの症状(病気や痛み)を抑えるために人工的に作り出した成分とは違い、元々が天然の植物に
含まれる成分
なので大人への副作用はおろか、赤ちゃんでも安心して服用出来る成分のようです。

 

 

 

カイテキオリゴの副作用を調べている研究員のイメージ

安全性の高さから医療分野でも利用が広がる

 

カイテキオリゴの主成分【ラフィボース】は、
医療の分野でも積極的に使われている成分のようです。

 

詳しい効能についてはここでの紹介は省略いたしますが、
腸内の常在菌のカンジダ菌を抑制する抗真菌剤療法の補助として処方されているそうです。
簡単に説明すると、アトピー性皮膚炎などの治療に用いられているとのことです。

 

医療分野でも副作用の無さが評価され多くの治療に利用の幅が増えているそうです

 

 

 

カイテキオリゴに副作用は全くありませんでした!

 

カイテキオリゴの成分ラフィノースは副作用が無く、腸内の菌のバランスを整えることが出来る成分でした。

 

 

ラフィノースを主成分にして作られるオリゴ糖商品がカイテキオリゴです。
私も調べてみて始めて副作用の無さやその他の効能、効果について知ることが出来たのですが、
本当に安心して続ける事が出来る商品のようです。
私と同じように副作用を気にしてカイテキオリゴの購入をためらっていた方に少しでも参考になる記事になっていれば光栄です。

 

 

カイテキオリゴ利用者の口コミはこちら